育毛剤の効果的な使い方とは? つけたあとに乾かす?

育毛剤をしばらく使用しているのに、イマイチ効果を実感することができない!そんな悩みを抱えている方も少なくありません。

その場合、育毛剤を正しく使用できていない可能性があるので、この機会に、あなたも正しい育毛剤の使用方法をおさらいしておきましょう。

①育毛剤で効果を感じるためには正しく使用しなければならない
②育毛剤を使用する前はドライヤーで乾かす
③育毛剤の使用後はタオルドライまたは冷風を当てる

正しく育毛剤を使用しなければ効果が半減してしまう

薄毛に悩んでいる方であれば、育毛剤を使用する機会も多いでしょう。

しかしながら、育毛剤を正しく使用できていなければ、効果をしっかりと実感することができません。

そのために、あなたがもし間違った育毛剤の使用方法をしていれば、効果が半減してしまうのです。

入浴後に育毛剤を使用する前には、しっかりと髪の毛を乾かしてから使用してください。

そうしなければ、髪の毛が濡れたまま育毛剤を使うことになり、育毛剤の成分がちゃんと頭皮に浸透していかなくなるのです。

頭皮が濡れた状態だとキューティクルが傷ついてしまいますし、頭皮環境を悪化させてしまいます。ですので、入浴後は髪の毛をタオルドライやドライヤーで乾かし、髪の毛が乾いた後に育毛剤を使用してください。

そうすることで、育毛剤の成分をあなたの頭皮にしっかりと浸透させることができます。

育毛剤を使用する際には、頭皮がキレイな状態のときに使用する必要があります。そのことから、朝起きたときに使用する場合であれば、手櫛で髪の毛の汚れを落としてから育毛剤を使用するのがベストです。

育毛剤は正しく使用しなければ効果が半減してしまうのか!

育毛剤をつけた後は温風ドライヤーで乾かさない

育毛剤を使用するのは、タオルドライやドライヤーをして乾かした後が良いと、先ほど述べましたが、では、育毛剤を使用した後は、ドライヤーで髪の毛を乾かすの?と疑問に思うのではないでしょうか?

答えは、育毛剤をつけた後はドライヤーは基本的に必要ありません。タオルドライで十分です。もし、それでも気になるならば、冷風を吹きかける程度にしておくのが良いです。

育毛剤をつけた後すぐに温風ドライヤーで乾かしてしまうと、育毛剤の成分を頭皮に浸透させられない可能性が高まるので、注意が必要です。ですので、どうしても髪の毛が濡れた状態だと嫌という場合には、タオルドライをするか、冷風を当てるのが良いでしょう。

ドライヤーで髪の毛を乾かす際、最後は温風ではなく冷風が良いと言われています。育毛剤を使用した後も、温風ではなく、タオルドライや冷風が良いと言えるでしょう。

入浴後は髪の毛を乾かしてから育毛剤を使用し、最後にタオルドライか冷風を当てるのがおすすめです。そうすることで、育毛剤の成分をしっかりと頭皮に浸透させることができ、より高い効果が期待できます。正しいケアをすれば、あなたも薄毛を改善することが可能なのです。

育毛剤をつけた後は、タオルドライか冷風を当てるのが良いのか!

まとめ

間違った育毛剤の使用は効果を半減させる
育毛剤を使用する前はドライヤーで乾かす
育毛剤の使用後はタオルドライまたは冷風を当てる(温風はダメ)

ここまで育毛剤の効果的な使い方と、育毛剤を使った後は温風ではなく、タイルドライか冷風が良いということを解説してきました。正しく育毛剤を使用することで、効果をしっかりと実感することができます。

反対に、正しく育毛剤を使用しなければ、効果が半減してしまうので注意が必要です。