薄毛対策で欠かせない重要なポイント!毛穴のケアで予防できる

遺伝子検査付き 医薬部外品 育毛剤

天然由来成分の育毛剤

着色料・香料・防腐剤無添加

 

育毛剤【Persona(ペルソナ)】 詳細はこちら

 


 

 

 

薄毛対策で欠かせない重要なポイント!毛穴のケアで予防できる

11view

2018.09.18

毛穴は薄毛を予防するポイント

毛穴を塞いでしまう危険性

医師などの専門家の間では、毛穴の詰まりと薄毛は関係ないという意見が多いです。だからといって、毛穴に注意を払う必要はないということではありません。脂漏性脱毛症では頭の皮脂が過剰に分泌されて毛穴が塞がれ、そこから炎症が起こって抜け毛につながります。

脂漏性脱毛症を予防するためにも毛穴を清潔に保つことは必要ですし、一般的な薄毛を防ぐためにも皮脂の過剰分泌を抑えるのは効果があります。抜け毛や薄毛には色々な原因がありますが、共通しているのは頭皮環境の悪さ。皮脂の過剰分泌を放置するのも原因の1つでしょう。

薄毛の不安がある人は、自分の頭皮環境をまずチェックしてみてください。男性はホルモンの関係で女性より皮脂の分泌が多いので、毛穴が皮脂で塞がれないようなケアが大事です。

毛穴の状態を良くする方法

薄毛を防ぐためには頭皮の環境を良くする必要があります。頭皮の環境が良くなれば毛穴の状態も改善します。そのためには普段から頭皮の状態をチェックすることが大事で、頭が何となく匂うとか、頭がベタベタする時は要注意。このような時は毛穴が皮脂で詰まっている可能性があります。毛穴の詰まりを放置しないための、おすすめ対策についてご紹介しましょう。

皮脂の分泌を抑える食生活

毛穴詰まりを起こすのは頭皮から剥がれ落ちた皮脂です。皮脂の分泌を抑えるためには食生活がとても重要です。どのような栄養素を摂取すればいいかというと、ビタミンB2、B6、ビタミンC、オメガ3脂肪酸など。これらの栄養素を普段の食生活に取り入れると皮脂の分泌を抑え、毛穴詰まりを防げます。ビタミンB2やB6は緑黄色野菜に多く含まれているので、野菜中心のメニューが効果的。

ビタミンCは亜鉛や鉄などのミネラルを吸収する役目があるので、頭皮の健康には欠かせません。オメガ3脂肪酸はえごま油や亜麻仁油、青魚などから摂取できます。

正しい方法で洗髪を行う

誰でもシャンプーをしますが、正しい方法は意外と知られていません。毛穴に皮脂や汚れが詰まるのはシャンプーの仕方が影響するので、正しいやり方を覚えてください。まず大事なのは洗髪前にブラシで汚れを落とすこと。これによって髪の根元までお湯が行き渡ります。

お湯で頭皮を温めると、皮脂が柔らかくなって毛穴の汚れが落とせます。シャンプーを使うコツは、手のひらで細かく泡立てて生え際から頭頂部へかけて指で洗うこと。すすぎ残しがないように良く洗い流します。

規則正しい生活習慣

皮脂の異常分泌は自律神経の乱れによって起こります。自律神経を正常に保つには規則正しい生活習慣を身につけることが大事です。早寝早起きを実践して、食事は3食きちんと食べること。特に重要なのが睡眠です。

睡眠不足は自律神経を乱し、頭皮の環境に悪影響を及ぼします。夜の10時から深夜の2時の間は髪の毛の成長ホルモンが出る時間帯なので、この時間に睡眠を取るのがポイントです。

頭皮環境を良くするおすすめの育毛剤

ポリピュアEX

科学雑誌に紹介された実績のある育毛剤が「ポリピュアEX」です。大手ネットショップの「育毛・養毛剤ランキング」「総合男性ランキング」でナンバーワンを連続受賞し、コスメ大賞の殿堂入りを果たしました。成分量と浸透性を考え抜いた「IMBシステム」を採用。さらに独自成分の「バイオパップス」を濃縮配合しています。

ジェットスプレーノズル式なので毛根まで8つの成分が深く浸透し、頭皮環境を良好に保ち、発育を促します。45日間全額返金保証つきなので、初めての人でも安心して利用できます。

BUBKA(ブブカ)

頭皮に存在する常在菌のバランスが崩れると頭皮環境が悪化します。この常在菌に注目した育毛剤が「BUBKA(ブブカ)」。常在菌の中のうるおい菌を育てて肌をしっとり保ち、バリア機能を改善します。

特に頭皮を健やかに保つ働きをする乳酸菌「EC-12」を配合しているのがポイント。低刺激で肌にやさしいため顧客満足度が98.1パーセントも。髪の毛の1本1本を太く、全体のボリュームもアップします。無添加なので頭皮環境には最適の育毛剤です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ育毛剤を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る