男性の薄毛ケアは食習慣や生活習慣を変えることから始まる

男性の薄毛ケアは食習慣や生活習慣を変えることから始まる

46view

2018.09.18

男性の薄毛ケア

食習慣

食習慣の改善は薄毛ケアですぐに行えることです。食事から髪の毛に必要な栄養を摂取することで、発毛や育毛を促すことができます。

髪の毛に必要な栄養としては、たんぱく質があります。髪の毛の主成分ケラチンもたんぱく質の1つなので、髪の毛の成長のために欠かせない栄養です。たんぱく質は他の器官にも必要な栄養で、わたしたちの身体はより命に関わる部分から栄養が行きます。

髪の毛は臓器などに比べて命に関わる部分ではないため、たんぱく質を十分に摂取しないと髪の毛に栄養が回りません。たんぱく質は魚や肉から取り入れることができます。大豆から取り入れるのもよいでしょう。

さらに、たんぱく質の合成に関わる亜鉛も髪の毛に必要な栄養です。AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を助ける5αリダクターゼの活性を抑えるともいわれています。亜鉛は牡蠣に多く入っています。

また、ビタミンB群も必要です。ケラチンを生成するときに助けとなります。ビタミンB群は、とうがらしやにんにくに多く入っています。

こうした髪の毛に必要な栄養素を毎日取り入れるのは容易ではありません。育毛サプリなどを使うのもよいでしょう。

睡眠

睡眠も薄毛ケアに重要です。わたしたちの身体は睡眠中に成長ホルモンを分泌します。成長ホルモンは、新しい細胞が成長したり、傷ついた器官が修復したりするのを助けます。ですから髪の毛の発毛や育毛にも重要なのです。

成長ホルモンの分泌は、入眠後3時間が多く分泌されるとわかっています。特に最初の90分の深い眠りのときに多く成長ホルモンが分泌されます。

深い眠りのときに多く成長ホルモンが分泌されるので、きちんと夜に寝ることは重要です。睡眠ホルモン・メラトニンは深夜3時頃を境に減少することがわかっています。髪の毛のためには、遅くとも深夜0時に入眠するのがよいでしょう。

なかなか寝付けないという人は、アロマを用いるのもよいでしょう。ラベンダーはリラックス効果があり、寝付くのに役立つとされています。また、スマホなどの電子機器を寝る前に見ると、睡眠が浅くなるといわれています。寝る間は電子機器の使用を控えましょう。

有酸素運動

有酸素運動も薄毛ケアに大切です。有酸素運動で血行促進を促すのです。頭皮に必要な栄養や酸素は血液を通して運ばれますので、血行が悪いことは、薄毛に大敵です。

おすすめの有酸素運動は、ウォーキングです。ウォーキングはふくらはぎの筋肉を使います。ふくらはぎの筋肉はポンプのような働きをして、血流がよくなるのを助けるのです。他によい有酸素運動として自転車を漕ぐのもよいでしょう。

ストレス軽減

薄毛ケアとしてストレスを軽減することも大切です。ストレスがかかると自律神経のうち、交感神経が働きます。交感神経が働くと、血管が収縮するため血行が悪くなります。しかしリラックスして副交感神経が働くと、血管が拡張して血行がよくなるのです。

また、自律神経は脳の視床下部でコントロールされています。脳の視床下部は、男性ホルモンの分泌もコントロールしているのです。ですから自律神経は男性ホルモンの分泌に影響を与えます。男性ホルモンの分泌が多くなると、皮脂が多く分泌され、薄毛につながっていきます。

ストレスを軽減する方法は、人それぞれです。自分に合った方法でストレスを軽減しましょう。

男性の薄毛ケアは身の回りから!

男性の薄毛ケアは食習慣や生活習慣など身の回りから始まります。食事から髪の毛に必要な栄養を摂取しましょう。たんぱく質や亜鉛、ビタミンB群は髪の毛に必要な栄養です。食事から毎回取り入れるのが難しい場合は、育毛サプリから取り入れましょう。

深い睡眠も薄毛ケアに重要です。アロマを使ったり、寝る前に電子機器の使用をしたりして睡眠の質を高めてください。有酸素運動やストレスを軽減することも薄毛ケアに大切でしょう。
薄毛ケアは身の回りのことから始められます。自分にできることから少しずつ行っていきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ育毛剤を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る