薄毛が気になる人へ|薄毛の原因と生活の事を考えてみませんか?

薄毛が気になる人へ|薄毛の原因と生活の事を考えてみませんか?

19view

2018.09.18

薄毛と生活習慣が関係するのはなぜ?心当たりは?

髪の毛の成長に必要なもの知っていますか?

髪の毛は、表面から出ている部分と皮膚の中の毛根に分かれています。毛根は、髪の毛のもとになる「毛母細胞」と髪の成長に重要な役割を果たす「毛乳頭」からなります。毛乳頭は、毛細血管から栄養分を吸収し、毛母細胞は細胞分裂を繰り返し、成長して髪の毛になります。

そのため、この毛母細胞に十分な栄養素が届かなければ、健康な髪とはなりません。だからこそ、髪に必要な栄養と毛乳頭まで届ける血行が、太くて健康な毛髪には欠かせません。

なぜ生活習慣が乱れると薄毛になるのか?

実は、「毛髪と生活習慣」の2つには密接な関係があり、「体調がよくない」「体内のバランスが崩れている」場合には、薄毛がそのサインとなっていることも。そして、薄毛の原因となるのが、生活習慣の乱れと言われています。

  • 睡眠不足
  • 過度なストレス
  • 偏った食事
  • 運動不足
  • 喫煙やアルコールの飲み過ぎ

など、あらためて見てみると現代社会にとってはごく身近なことばかりではないでしょうか。とはいえ、これらの好ましくない習慣が、ホルモンバランス・自律神経の乱れ、血行不良の原因となり、不調を引き起します。もちろん、ヘアサイクルの乱れもその1つです。こういった生活習慣の乱れの積み重ねは、薄毛だけではなく、糖尿病や高血圧などといった生活習慣病を発症するリスクも高まります。

【薄毛改善】自宅でできる!毛母細胞を元気にするコツ

髪は最後に栄養が回ってくる

体内では、生命の維持に関係する代謝・疲労回復などが優先され、髪の毛などには最後に栄養が回ってくるようになっています。そのため、髪の毛のことが気になり始めたら、体のことを考えるいいチャンス。適度な運動・バランスの取れた食事・睡眠などの生活の見直しは、体だけでなく毛髪にもとても重要です。

睡眠の見直し

生活習慣の改善といくつもあるのですが、その中でも意識しなければならないのが「睡眠」です。睡眠中は、日中のダメージの回復とともに髪の代謝が行われますので、睡眠時間が短ければ十分なケアができません。

また薄毛の改善に関係する血行は、血管を収縮させる交感神経と、血管を広げる副交感神経、この2つの自律神経に左右されます。睡眠中は、副交感神経が優位となるため、血管を広げ血液を体の隅々まで栄養を届けやすくなります。逆に、睡眠時間が短ければ、当然ですが必要な栄養素が届かず薄毛が進んでしまうことも。

こういったことからも、「睡眠」の見直しは非常に大切です。また、眠りのためには、寝る前のスマートフォンをやめたり、日中の軽い運動を取り入れたりといった工夫も効果的です。軽い運動は、血のめぐりをよくするだけでなく、ストレス解消や自律神経の調整などにもメリットがあります。

バランスの取れた食事と喫煙・お酒の関係

一言でいうと、たんぱく質のほかに、ビタミンB群、ビタミンE、亜鉛などのミネラルなど「バランスのとれた食事」が毛母細胞には欠かせません。睡眠で血行が改善されても、届けられる栄養バランスが悪ければ、太くしっかりとした髪にはなりません。髪の毛のことを考えた食事選びが必要です。

ただし、せっかくバランスの良い食事をとっても、たばこや飲酒といった習慣があれば、自ら薄毛になるような環境を作り出しているようなものです。たばこのニコチンは、血管を収縮させるだけでなく、ビタミンEを破壊し、アルコールの飲みすぎは、髪の毛を作るために必要なたんぱく質やビタミン・ミネラルをアルコール分解で大量に使ってしまうからです。

薄毛と生活習慣の関係

このように、毛髪と生活習慣には密接な関係があります。その要点をまとめると、

  • 健康な髪のためには、毛母細胞に十分な栄養素とそれを届ける血行が重要
  • 薄毛は体の内側からのヘルプサイン
  • 睡眠や食事など普段の生活を見直せば体も髪も元気になる

毛髪のためには、必要な栄養素をしっかりと毛乳頭へ届けることが一番大切です。そのためにも、生活習慣を見直し、体を整えることが鍵となります。まずは、睡眠と食事を見直してみましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ育毛剤を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る