薄毛の原因や予防・おすすめの育毛剤について

薄毛の原因や予防・おすすめの育毛剤について

143view

2018.12.04

 
 
 
 

 
 
 
 

薄毛の原因について

 
 

薄毛対策にはその原因を突きとめることが必要になりますが、薄毛の原因はまさに多岐に渡っています。ここでは主なパターンについて細かく紹介をしていきます。生活習慣が薄毛の原因になることはよく知られていますが、本人に自覚が無かったり、自己のライフスタイルを急に変えることが難しいなどの理由で、薄毛が進行しやすいというリスクが付き纏います。もっとも多いものは、偏った食生活やお酒の飲み過ぎなど食生活に関する問題です。タンパク質やビタミン、ミネラルといった成分は、髪の毛にとっても必要不可欠な栄養素です。肉類や甘いものなどの採り過ぎは、代謝作用の悪化を招き髪の毛に栄養分を送り届けることに大きな障害となります。これらのためには常にバランスの良い食事を心掛けることが何より大切です。

 
 

また、アルコール分の採り過ぎは、肝機能に影響を与え髪の毛に栄養分を運ぶ酵素の働きを弱めます。意外と気がつかないものに、間違ったヘアケアにより抜け毛が多くなるといった事例があります。過度なシャンプー、ドライヤーの使い過ぎ、あるいはシャンプー時に充分に漱ぎを行わないなどということで、頭皮の環境が悪くなり脱毛に至るということも少なくありません。ストレスもまた髪の毛にとっては大敵です。円形脱毛症はストレスが原因であることがはっきりしています。また、男性型脱毛症のように男性ホルモンの分泌量が多くなるパターンについては、遺伝的な要素もその一因になっています。先ずは薄毛のパターンをしっかり把握することから始めてください。

 
 

薄毛の種類について

 
 

薄毛の種類でもっとも多いものは、AGAと呼ばれる男性型脱毛症です。日本人の中ではすでに1300万人を超える人がAGAを発症しているというデーターがあるほどです。AGAは、男性ホルモンが主原因となっていますが、40歳から50歳台の男性患者が圧倒的に多く、やはり年齢的なことも関係していると思われます。男性型脱毛症は前頭部が円形に薄くなるタイプや、薄毛が額を中心にM字型に進行するタイプ、あるいは頭頂部から髪の毛が後退するタイプなどがあります。

 
 

また、医学的な根拠は無いものの、父親が薄毛であれば、2分の1の確立で子供も薄毛になるといった遺伝的な要因も報告されています。また、10代から30代という若い時点で発症する若年性脱毛症も近年その数を増やしています。若年性脱毛症については、現在まで明確な原因が突き止められていませんが、やはりホルモンバランスの乱れによるものという見方が一般的になっています。

 
 

また、このタイプの人には、ストレスを抱えている人や生活習慣に問題がある人が多くなっていることから、ライフスタイルの乱れなども脱毛の原因になっているようです。その外、頭皮の皮脂分が過剰に分泌される脂漏性脱毛症や、頭皮が乾燥することによりフケが多くなり、雑菌などの繁殖で炎症を引き起こすひこう性脱毛症などがあります。薄毛の予防や治療には、何よりも薄毛の種類に合わせた対策が必要ですが、すべてに共通する生活習慣の改善については、日頃から充分なケアが大切になります。

 
 

薄毛の予防対策について

 
 

薄毛の原因を大別すると、男性ホルモン、生活習慣、ストレス、遺伝という4種類になります。これらの原因が互いに絡み合ってさらに脱毛の症状はより複雑になります。ここでは、誰にでもできる薄毛の予防対策をご紹介しましょう。まず、常に頭皮のマッサージを忘れないことがあります。シャンプーなどで頭皮を清潔に保つことと同時に、指の腹で丁寧に頭皮のマッサージを行ってください。次に睡眠をしっかりとることが大切になります。髪の毛の成長する時間といわれている午後10時から午前2時までは、髪の毛の成長をサポートするために、余計なことはしないで,できるだけ身体を休めることが必要になります。
 
 

食事の内容や食事の時間などに気を付けることも、髪の毛にとっては大いに役立ちます。髪の毛はタンパク質で構成されていることは良く知られていますが、タンパク質に対しては常にミネラルやビタミンの補給を行わなければなりません。偏った食事やダイエットなどで食生活が乱れると、たちまち髪の毛は大きなダメージを受けることになります。ストレスを溜めないことは髪の毛だけのためではありません。しかし、社会生活を営んでいる以上ストレスを感じることも少なくありません。スポーツや音楽鑑賞など積極的にストレスを解消する手段を講じることも大事なことです。タバコやお酒も度が過ぎれば身体に良いはずはありません。身体にとって良くないことは髪の毛にとっても同じであることを意識してください。最後にこれらの対策を実行することを前提にして育毛剤を効果的に使うことをお奨めします。

 
 

年齢別の薄毛対策について

 
 

本来、毛髪のケアは、薄毛が始まる前に行うことが大切ですが、なかなか実行できないということも現実です。しかし、20歳代からすでに薄毛の兆候が始まるという現代においては、髪が薄くなるのは中年過ぎなどと悠長に構えている余裕は無くなっています。ここでは年代別の薄毛対策について考えてみたいと思います。20歳代は、質の悪いシャンプー剤の使用やバランスの悪い食生活による弊害として、髪の毛が抜け始めるという事例が多くなっています。

 
 

いわゆる石油系のシャンプー剤は、価格が低いため若年層の使用頻度が高くなっています。これらのシャンプー剤に含まれている界面活性剤は、頭皮環境の悪化を招き、発毛効果を著しく低下させます。先ずはシャンプー剤を交換してみてください。また、若いうちは栄養バランスなどを気にせずに、自分の好きなものだけを食べるという傾向があります。偏った食事などで栄養バランスが崩れ、脱毛が多くなることもこの年代の特徴です。30歳代から40歳代での薄毛は、男性ホルモンの過剰分泌によるAGAが疑われます。

 
 

さらに遺伝的な要素を考慮して計画的なヘアケアが必要になります。男性ホルモン抑制剤成分であるミノキシジルを含む育毛剤で脱毛を抑え、併せて頭皮のマッサージを欠かさないことが重要になります。50歳代から始まった薄毛は、加齢やストレス、タバコやお酒などの嗜好品、あるいは運動不足による体力低下など多岐に渡る薄毛の原因によって対策が違ってきます。ヘアカウンセラーなどのアドバイスを受け、自分に合った対処方法を見つけてください。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

男性の薄毛対策について

 
 

男女に関係なく、一定の年齢を迎えると新陳代謝が衰え、誰でも髪の毛は薄くなります。ただし、男性の薄毛は傍目にもはっきりと分るほど強く現れるのに対し、女性の場合はそれほど目立ちません。これは、男性ホルモンが関係していることはすでに周知のとおりです。また、男性は毛根の細胞が男性ホルモンの影響を受けやすいことも原因のひとつになっていて、これらは遺伝的な要素にも関連があるのではといわれています。男性の薄毛でもっとも多いものが頭頂部から始まる薄毛の進行パターンです。

 
 

頭頂部での髪の成長が止まり、ほとんどが産毛の状態のまま抜け落ちてしまうため、結果的に頭皮は円形に露出することになります。これら男性型脱毛症に対しては、専門のヘアクリニックなどで行われているプロペシア療法が一般的になっています。プロペシアは育毛剤という形で市販されていないため、医師が処方する場合に限ってその使用が許可されています。いずれにしても、薄毛の初期の段階で医師の診断を受けることが必要になります。

 
 

また、乾燥や過剰な皮脂などで頭皮の環境が悪化して抜け毛が多くなるようなケースでは、良質のシャンプー剤を使い頭皮を正常に保ち、自分の体質に合った育毛剤を正しく使うことで薄毛の進行を止め、ヘアサイクルを正常に戻すことが可能です。一度抜け毛が多くなり始めると、なかなか回復するのが難しいといわれる男性の薄毛ですが、原因を突きとめ、もっとも効果的な対策を実行すれば症状を改善させることも不可能ではありません。

 
 

女性の薄毛対策について

 
 

近年は、以前と比べて女性の薄毛対策もオープンになっています。女性の薄毛の特徴は、男性とは異なり極端に頭皮が露出することはほとんどないということです。女性の薄毛の多くは、加齢により女性ホルモンが不足することから起こります。年齢と共に女性ホルモンが減少すると先ず髪の質が悪くなります。女性の更年期などに見られる、細い髪が多くなったり、発毛量そのものが極端に少なくなるなどという現象は、ホルモンバランスが崩れることによって起こります。

 
 

女性の薄毛対策は男性のそれと比較して、しっかりとした対策さえあれば、元の状態に近づくことができるという利点があります。先ず、自分に合った良質の育毛剤を選んでください。植物由来の栄養成分を直接毛根に届けるようなダイレクトタイプの育毛剤は、特に早めの効果を期待することができます。また、妊娠や過度のダイエットなどを理由とする薄毛も女性特有なパターンです。これらの薄毛は一時的なものと考えられるため、とにかく生活習慣を見直してください。

 
 

特に食べ物については、海藻類などミネラル分を多く含んだものを選び、栄養バランスにも留意することが必要になります。また、ストレスなどを解消するために定期的な運動を行うことも、有効な薄毛対策になります。女性の薄毛の話題が多くなってきたのは、年齢を重ねてもより美しくいたいという女性の願望に基いていることは確かです。従って身だしなみのひとつであるヘアケアは、女性にとって何より大切なものであるといえます。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

育毛剤・薬用ポリピュアEXについて

 
 

薬用ポリピュアEXの最大の特徴は、若年性の薄毛から頭頂部が円形に抜け落ち、頭皮が露出するような中年以降の薄毛まで、薄毛のパターンを問わない万能型の育毛剤ということになります。薬用ポリピュアEXは、長い時間をかけて開発されましたが、その基本は眠っている毛乳頭を目覚めさせるためのシステムを作り上げることにありました。開発チームは、頭皮を畑、毛乳頭は種であると位置付けました。そして、いくら畑を耕しどれだけ種を蒔こうとも、種が生きて活動しなければ芽は出てこないと考え、種に直接働きかけるバイオポリリン酸に注目しました。

 
 

さらに、バイオポリリン酸を従来の10億分の1という極限に至るナノサイズまで縮小させ、栄養分をそのまま毛細胞に送り届けることに成功しました。これにより、毛乳頭細胞に今までの8倍以上という持続効果を与えることができるようになりました。薬用ポリピュアEXは、さらにセンブリエキスやヒオウギ抽出液などの植物由来の薬用成分を加え、育毛効果を高めるために万全の体制を敷いています。薬用ポリピュアEXは、単に抜け毛を予防するだけでなく、以前のように髪の毛を蘇らせることに徹底的に拘った育毛剤だということができます。多くの人から支持を受けている理由がここにあります。発毛を促すサイクルに大きなインパクトを与えるバイオポリリン酸が、その力を最大限に発揮できるように、あらゆる角度から研究開発を進めてきた成果が薬用ポリピュアEXに詰まっているのです。

 
 

ナノアクションDについて

 
 

ナノアクションDは、サプリメントを中心とする健康食品や化粧品などを手がけているサントリーウエルネスから発売された発毛促進剤です。頭皮の皮脂分が多くなると汚れや雑菌などで毛穴が塞がれ、毛根に栄養分が届かないことから抜け毛の原因となり、発毛が阻害されてしまいます。このような頭皮環境においては、育毛効果のある栄養分を毛根に送り込むことが困難になります。ナノアクションDは、その名前のとおりPLGAナノ粒子およびPTCナノエマルジョンという2種類の成分を、直径160ナノメートルという極小サイズに変化させ、毛穴と頭皮から毛細胞へと浸透させるシステムを持つまったく新しい育毛剤です。

 
 

成分をナノ化させ毛根まで直接送り込むという育毛剤は外にもありますが、ナノアクションDは、栄養分が毛根に届いてからが他の育毛剤とは大きく異なります。実は、各種の栄養分が毛根に送り込まれてから、どれくらいの時間働くことができるのかが、発毛に至るか否かに繋がるとても大事なことなのです。ナノアクションDは、成分が毛細胞に届いた時点から約10時間に渡って細胞分裂を促進させる力を持っています。言い換えれば、1日2回の使用で、ほぼ1日中育毛効果が持続するということになります。ナノアクションDの持つ浸透力と持続力の2つの力が、脱毛を防ぎ発毛を促す大きな要因になっているのです。ナノアクションDは、今までいろいろな育毛剤を使っても効果が見られなかった人にぜひ使っていただきたい育毛剤です。
 
 

ブブカについて

 
 

ブブカは、M-34と呼ばれる高濃度の成分を配合することにより、脱毛の予防と発毛促進を図るまったく新しいタイプの育毛剤です。ブブカは先ず男性が薄毛に至る原因を徹底的に追究しました。男性の薄毛は、額の両サイドの髪が薄くなり、前頭部だけに髪の毛が残るM字型、額の中央から始まり円形状に薄毛が進行するU字型、あるいは頭頂部から始まり円形状に薄くなるO字型、M字とO字の混合型という4つのタイプに分けられます。ブブカはこれらのタイプに共通する育毛理論に基き、長い時間をかけてM-34の開発に成功しました。M-34は、発毛促進のための血管内皮増殖因子と、抜け毛を防ぐための退行期誘導因子を生成します。

 
 

さらに血行を促進させ、髪に必要な栄養分を毛根に送り込むために細胞を活性化させます。同時に植物由来分との結合により高い保湿作用を発揮します。このような優れた効果をもつM-34は、昆布、ワカメなどの海藻類にみられる滑りの成分をブブカ独自の技術により抽出したものです。この滑り成分にオウゴンエキスやヒオウギエキスなどの植物由来成分をミックスし、さらに細胞活性型のアミノ酸など32種類にも及ぶ育毛成分を加えてでき上がったものが、濃密育毛剤と呼ばれるブブカなのです。また、低分子ナノサイズのブブカは、浸透力においても優れた力を持っています。毛乳頭にブブカの全成分が直接届けられることにより、様々なタイプの薄毛に著しい効果を発揮することになります。ブブカを使用している多くの人から高い評価をいただいている理由がここにあります。

 
 

チャップアップについて

 
 

チャップアップは、男性だけでなく女性の薄毛にも効果があるという画期的な育毛剤です。チャップアップの特徴は、多くの育毛剤に採り入れられている血行促進による栄養分の補給という対処療法に代わって、育毛効果をより高めるための有効成分と、その配合割合を重要視したことにあります。そのための主成分のひとつがセンブリエキスです。センブリエキスは保湿作用の他に毛母細胞の分裂を活発にするという働きがあります。また、皮脂の過剰による頭皮環境の悪化に優れた効果を持つグリチルリチン酸も、発毛促進のためには無くてはならないものです。さらに、皮膚の炎症や痒みなどを抑制する成分であるジフェンヒドラミンHCの3種類の成分をバランスよく配合しました。

 
 

それらの成分にニンジンエキスやオウゴンエキス、シナノキエキスやビワ葉エキスなどの32種類の植物由来成分を加えてでき上がったものが育毛剤チャップアップなのです。薄毛の原因は本当に様々ですが、生活習慣やストレス、間違ったヘアケアなどで、早い人では20歳代からその兆候が現れます。薄毛については早めの予防と手当てが何よりも大切になります。薬用シャンプーを使っているから大丈夫、自分の家系には薄毛がいないから心配ないなどと油断していると、どうしても対策が遅れがちになってしまいます。良質のシャンプー剤を使って常日頃から頭皮を清潔に保ち、併せて自分の体質や症状に合った育毛剤を使うことは、自分の髪を守るために絶対に欠かすことができません。

 
 

プランデルについて

 
 

プランデルは他の育毛剤とは少し異なった特徴があります。それは、M字型薄毛に悩む男性専用の育毛剤ということです。プランデルは、あくまでも医薬部外品の育毛剤であるため、当然のことながらミノキシジルなどの医薬系成分は一切含まれていません。プランデルの基本理念は正しいヘアサイクルの追求です。ヘアサイクルは、男性ホルモンや生活習慣、あるいはストレスといった外的要因の影響を受けやすく、一度周期が乱れると元に戻すのに時間が掛かるという特性を持っています。しかし、一度ヘアサイクルが乱れると、髪の毛が成長しないうちに抜け落ちるという、薄毛に悩む人にとっては致命傷とも言える状態に陥ります。

 
 

プランデルは、発毛促進効果のあるセンブリエキスを育毛の原動力とし、血流を促すためのセファランチンを機動力に、フケや痒みを抑えるグリチルリチン酸2Kを防御力とするメカニズムを作り上げました。また、プランデルは、これらの有効成分のうち何一つ不足してもヘアサイクルの周期を正常に戻すことができないと考えました。そして、これらをどのように配合すればより成果が現れるのかを徹底的に追及しました。M字型脱毛症は、比較的若い年代層にも発症することがあります。特に20歳代から30歳代の発症では見た目が大きく変わることから、早い段階でしっかりとした対策を取らなければなりません。また、育毛剤は単なる気休めに過ぎないという人もいますが、自分の体のケアは自分でしかできないことを自覚して、どの育毛剤をどのように使うかについて早くから考えておく必要があります。

 
 

ヘアドーン薬用育毛剤について

 
 

ヘアドーン薬用育毛剤は、コンブ由来エキスと10種類のアミノ酸が髪の毛本来の生える力をサポートするという新しい発想に基いた育毛剤です。ヘアサイクルの成長期には、毛母細胞の動きが活発になり細胞分裂を繰り返すことによって髪の毛は生まれてきます。その後、血液によって運ばれてきた栄養分を吸収し、髪の毛はどんどん成長していくのです。
しかし、社会生活の中にはこれらの活動を阻害する要因がたくさんあります。食生活やストレスなどの生活習慣によってヘアサイクルが停滞したり、血流が悪くなって毛根に栄養分が届かなくなると髪の毛の成長は止まり、未成熟のまま抜けてしまいます。ヘアドーン薬用育毛剤は、髪の毛が生まれて成長し抜け落ちるまでのメカニズムについて長い間研究を続けてきました。

 
 

そして、確かな育毛効果を持つ有効成分を選び出し、最も効果が上がる配合バランスを編み出しました。ヘアドーン薬用育毛剤に含まれるM-34と呼ばれるミツイシコンブエキスは、頭皮の血行を促進し毛母細胞の活動を促します。また、センブリエキス、グリチン酸カリウム、ジフェドラミンの3種類の有効成分がハリとコシのある強い髪の毛を作り出します。さらにオウゴンエキスが脱毛を防ぎ、10種類のアミノ酸が毛根に栄養分を補給して毛乳頭の活性化を図ります。ヘアドーン薬用育毛剤は人間の持っている、自分の力で自分の髪を守り育てるという原点に注目しました。頭皮環境を整え血行を促進することで髪は自然に蘇ります。貴方もぜひ一度ヘアドーン薬用育毛剤を試してみてください。

 
 

M1育毛ミストについて

 
 

サラヴィオ中央研究所が開発したM1育毛ミストは、マイクロセンサー理論に基き、優れた育毛効果を誇る男女共用タイプの育毛剤です。M1育毛ミストの最大のセールスポイントは、まったく新しい理論による発毛メカニズムの解明にあります。そのひとつが毛乳頭細胞にある繊毛が増殖することで、発毛シグナルが発信されるというマイクロセンサー理論です。M1育毛ミストは、加水分解酵母エキスの力で繊毛の成長を促します。これにより、毛乳頭細胞が発毛の司令塔となり、より活発な発毛効果を期待することが可能になりました。さらに、M1育毛ミストは加水分解酵母エキスをナノサイズまで極小化しました。

 
 

先ず、分子レベルになった有効成分が毛穴の汚れや皮脂分を取り除きます。受け入れ態勢が整った通路を通って栄養分が毛根の一番奥の毛乳頭まで届くという、デュアルアクションは文字通り目に見える効果を演出します。M1育毛ミストの発売元であるサラヴィオ化粧品は、すべての商品開発を自社のサラヴィオ中央研究所で行っています。何故、育毛剤の効果が上がらないのかという素朴な疑問からスタートした、M1育毛ミストのマイクロセンサー理論は世界に先駆ける貴重な研究成果となりました。今までの育毛剤に納得のいかない方や新しい育毛剤を探している方は、先ずM1育毛ミストの髪の毛に関する基本的な考え方を知っていただきたいと思います。そして、実際に使用して目に見える効果を実感していただいたとき、初めて共感していただくことができると確信しています。

 
 

WAKAについて

 

 
 

一般的な育毛剤は原材料を何倍かの水で薄めて作りますが、WAKAは、まったく水を加えずに天然の原材料だけをブレンドしました。WAKAは、既存の育毛剤で初めて生薬成分をそのまま配合した、まったく新しいタイプの育毛剤です。WAKAは、本当に効果のある成分について、西洋薬と漢方薬のどちらが良いかを考えました。辿りついた答えは生薬100%の育毛剤という画期的なアイデアでした。WAKAは、多くの漢方薬の中から抗炎症作用に優れているカンゾウやカワラヨモギ、抗菌作用のあるセイヨウハッカ、細胞活性化の役割を担うマンネンタケ、血行促進のためのセンブリとオタネニンジン、その外マンネンロウ、冬虫夏草という8つの生薬を選定しました。

 
 

代表的な生薬であるカンゾウを主成分とした理由は、毛乳頭細胞に働きかけ発毛を促すと同時に抜け毛を抑制する力に優れているからです。さらに他の生薬成分がそれぞれの働きを示すことで、頭皮環境及び血流が良くなるなどという複合的効果が生まれます。WAKAはあくまでも原材料に拘りましたが、もうひとつそれぞれが無添加の天然成分であることを重要視しました。WAKAは医薬部外品ではありますが、厚生労働省から育毛効果を認められています。幾つもの拘りをもって和漢育毛方を実践しているWAKAでは、使った人がその効果を実感できなければ本物ではないと考えています。また、貴方にもその効果を実感していただけることに強い確信をもっています。

 
 

柑気楼について

 
 

柑気楼は、たくさんのユーザーから大きな評価を受けている男女共用の薬用育毛剤です。柑気楼の特徴は青蜜柑、柚子、ダイダイという3種類の柑橘類エキスが主要成分となっていることです。いずれも、国内産に拘っているこれらの成分は、保湿効果に優れ特に乾燥しやすい女性の頭皮を保護する働きを持っています。また、柑橘力に加えて生薬力も柑気楼の育毛効果に大きな役割を果たしています。グリチルリチン酸ジカリウムやオタニニンジンエキス、センブリエキスという3種類の有効成分は、日本人にとってもっとも馴染みの深い生薬由来成分です。柑気楼の拘りは髪の質と、髪が生えてくるための土台になる頭皮の環境です。

 
 

女性の薄毛の多くは何となく髪全体にボリュームがなくなったという感覚から始まります。男性のように髪の毛が抜けて頭皮が露出するようなことは少ないのですが、手で触れてみると明らかに髪の毛の1本1本に、コシとハリが無くなっていることが分かります。柑気楼に含まれている3種類の生薬成分は、コシのある太い髪の毛を育てるために大きな効果を発揮します。また、頭皮が乾燥してカサカサの状態になると、頭皮そのものが硬くなります。硬くなった頭皮は浸透度が極端に減少し、毛根に栄養分が届かなくなるばかりではなく、発毛しようとする髪の毛を押さえ込んでしまうというリスクを伴います。柑橘力と生薬力の絶妙な配合バランスが、貴方に潤いと活性を与える柑気楼をぜひ使ってみてください。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ育毛剤を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る