ハゲる原因は性格のせい!?ストレスから髪を守れ!

ハゲる原因は性格のせい!?ストレスから髪を守れ!

138view

2018.10.16

 
 
 
 

 
 
 
 

頭がハゲる原因は色々ありますが、その中でもストレスはよく知られた原因の1つです。とは言え、誰であってもストレスを避けて生活することはなかなか難しいもの。日頃から何らかの工夫によって、ストレスから髪を守る必要があります。そこでストレスを原因としたハゲについて、仕組みや改善点あるいは対策などについて、ここでは説明しましょう。

 
 

ストレスでハゲる仕組み

 
 

ストレスによるハゲを防ぐためには、まずその仕組みから知っておく必要があるでしょう。髪は毛細血管から運ばれる、様々な栄養素を必要とします。ところが心身に何らかのストレスがかかると、脳が反応して交感神経が緊張し、全身の血管が収縮します。結果的に頭皮の血流量も減少するので、髪の毛に十分な栄養素が行き渡らず、髪の成長不良から抜け毛へとつながってしまうのです。このようにストレスによる身体機能の低下から抜け毛が増えることもありますが、同じく身体機能の異常からハゲることもあります。それが円形脱毛症です。

 
 

この症状は俗に「10円ハゲ」と呼ばれるように、頭部の局所だけが集中して脱毛するという外見的特徴があります。しかも通常の薄毛とは異なり、短期間のうちに突発的に症状が発現するため、外見的にはかなり目立ち、日常生活に支障をきたすケースさえあります。この円形脱毛症の直接の原因は、免疫系の組織が暴走して自分自身の細胞まで攻撃してしまう、自己免疫疾患です。そして自己免疫疾患の引き金となるのが何を隠そう、外部要因によるストレス反応なのです。したがって、円形脱毛症の遠因もストレスにあると言えるでしょう。

 
 

髪をストレスから守るための対策を

 
 

ここまで見てわかるように、とにかくストレスの存在が、髪の毛や頭皮に悪影響を及ぼすことだけは確かでしょう。そしてストレスを放置しておけば、頭がハゲるリスクもそれだけ高くなると言えます。ただし、日常生活の中で生じるストレスをゼロにすることはほぼ不可能。そこで、ストレスを受けても髪にダメージを与えないような、様々な改善点や対策を予め知っておくことが重要です。次にストレスを解消しながら、髪の毛や頭皮に良い影響を与えるような、幾つかの対策法を紹介しましょう。

 
 

まずは頭皮マッサージから

 
 

先述したように、ストレスによる血行不良が髪の毛や頭皮に悪影響を及ぼし、結果的にハゲを導きます。裏を返せば、日頃から血行を促進するような対策を立てて、同時に生活習慣も改善すれば、抜け毛の予防や育毛効果に役立つはずです。そこでおすすめしたいのが、頭皮マッサージです。頭皮に適度な刺激を与えながら、頭全体のコリを和らげるので、血行促進を期待できます。

 
 

また頭皮マッサージの気持ちよさから、ストレスの解消にもつながります。具体的なやり方は、とてもシンプルで簡単。まず両手の指で側頭部を軽く押さえ、ゆっくり持ち上げるように頭頂部へ向けてマッサージを繰り返します。次に前頭部やこめかみも、円を描きながらゆっくりとマッサージを行います。

 
 

そして最後に頭皮全体を揉むように、優しくマッサージしていきます。ただしマッサージをする際には、爪を立てないように気をつけましょう。頭皮に傷やダメージを与え、かえって髪の発育に悪影響を与えることになります。したがって頭皮にダメージを与えないためには、指の腹でマッサージするように注意が必要です。

 
 

 
 

 
 

血行促進とストレス解消なら、やっぱりコレ

 
 

抜け毛の防止とストレス解消のために、もう1つ紹介したいのが、ジョギングやウォーキングといった有酸素運動です。有酸素運動をすることで全身に酸素を送り込み、同時に血液の循環を活性化させることが可能になります。もちろん頭皮へも血液が行き渡るので、髪に必要な栄養素もたっぷりと送り込むことができます。また身体を動かせばストレス発散にもなるため、ストレスを遠因とする抜け毛の予防にも役立ちます。

 
 

ジョギングやウォーキングであれば特別な器具や施設も要りません。毎日のちょっとした時間を見つけて、気軽に日常生活の中へ取り入れるとよいでしょう。もちろん余裕がある方ならば、有酸素運動のできるスイミングスクールやヨガ教室などへ通うことで、一層の効果を期待できるはずです。ただしどの運動を取り入れるとしても、習慣化することが最も大切。自分の身体や生活パターンを十分に把握し、無理なくエクササイズを進めることが習慣化へのコツです。

 
 

髪の成長とストレス解消には、睡眠こそ基本中の基本

 
 

仕事や家事などが忙しすぎて、日頃から睡眠不足の方もいるはずです。しかしそれこそが、髪や頭皮へ大きなダメージを与えていることに気付くべきでしょう。睡眠している間には、体内で髪の成長に必要なモルモンが沢山分泌されます。そのため、睡眠時間が短ければ短いほど、成長ホルモンの分泌も不十分になります。結果として、髪の毛の成長が遅れたり、抜けやすくなるなど、ハゲやすい体質になっていきます。

 
 

同時に睡眠不足によりストレスや疲労も蓄積されていくので、免疫力の低下を招いて、さらに髪の毛の成長を妨げる結果を導きます。このような悪循環を断ち切るためには、睡眠時間をたっぷりと確保することはもちろん、スッキリと目覚めるような良質の睡眠を心がけることが必要です。そのためにも、寝る数時間前にはテレビやスマホあるいはアルコール類などは遠ざけて、速やかに睡眠できる環境を整えることが大切でしょう。

 
 

ストレスから髪を守るため、ハゲないためのスキルを学ぼう

 
 

ハゲの原因であるストレスの仕組みや対策などについて、ここまで色々と見てきました。ストレスは髪や頭皮に悪影響を及ぼすため、日常生活ではストレスから髪や頭皮を守るための、積極的な姿勢が重要になります。特に血行促進やストレス解消のためのスキルをしっかりと学ぶことは、長期的に見ても、フサフサの髪を維持することに大いに役立つことでしょう。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ育毛剤を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る