抜け毛を予防し、薄毛対策に効果的な食べ物とは

遺伝子検査付き 医薬部外品 育毛剤

天然由来成分の育毛剤

着色料・香料・防腐剤無添加

 

育毛剤【Persona(ペルソナ)】 詳細はこちら

 


 

 

 

抜け毛を予防し、薄毛対策に効果的な食べ物とは

4view

2018.10.10

 
 
 
 

 
 
 
 

全身の健康状態が悪化すれば、毛髪の状態も悪くなることは、よく知られています。戦後の日本では、欧米の食生活をまねて、動物性タンパク質の摂取が推奨されてきました。確かに動物性食品を多くとるようになって日本人の体格はずいぶんよくなりましたが、その反面、体質や頭皮は悪化したと指摘する声もあります。毛髪の健康を食べ物という側面から考えてみましょう。

 
 

食生活が欧米化したことによる弊害

 
 

毛髪の主成分は、ケラチンというタンパク質で、その割合は約99%です。ほとんどタンパク質で構成されているといってよいでしょう。このケラチンは、9種類の必須アミノ酸と9種類の非必須アミノ酸が結合してできており、ミネラルや硫黄、有機酸が含まれています。ライターなどの炎が大きすぎて、うっかり髪を焦がしてしまった経験のある人ならおわかりでしょうが、髪が燃えると硫黄のような臭いがするのは、髪を構成するタンパク質に硫黄分が含まれているからです。

 
 

この含硫アミノ酸のひとつであるシスチンが、抜け毛対策として重要になってきます。というのも、髪を構成するアミノ酸のなかでも最も多い約16%をシスチンが占めていて、ケラチン同士を結びつける役割を果たしているからです。シスチンは髪に含まれるメチオニンからもつくられますが、メチオニンは体内で合成されない必須アミノ酸のため、これらは食べ物で補う必要があるのです。では、抜け毛を予防するためにタンパク質をたくさん摂取すればいいかというと、一概にはそう言いきれません。肉、卵、乳製品などの動物性高タンパク質は、同時に動物性脂肪もたっぷり含んでいるからです。

 
 

スムーズな血流は薄毛の改善に欠かせないばかりか、全身の健康にとっても大切なことです。しかし、動物性脂肪のとりすぎは、コレステロール値を高め、血管や血液の質を悪化させる要因となります。高カロリー、高脂肪の欧米型食生活が、髪のトラブルの一因になっていることは否定できないのです。そこで、髪のもととなるタンパク質は大豆製品をはじめ、植物性食品からとるのが望ましいでしょう。また、酵母を多く含んだ食べ物をたくさんとると、腸内ではビフィズス菌などの細胞が優勢になるため、異常発酵の予防になります。つまり、大豆製品は血液をサラサラにする理想的な食品であり、抜け毛の対策にとって強い味方となってくれるのです。もちろん、髪の健康にはタンパク質だけでなく、バランスよく栄養をとることも大切です。

 
 

 
 

 
 

 
 

緑黄色野菜はビタミンの宝庫

 
 

近年、老化や動脈硬化を促進する要因として活性酸素の害が注目されています。活性酸素は非常に不安定な物質で、体内の至るところで細胞にとりつき、酸化させてしまいます。酸化とは、体のサビです。細胞分裂が活発な毛母細胞は、活性酸素のターゲットになりやすく、それが原因で毛髪の寿命を短くさせてしまいます。食べ物では肉や魚などの酸性食品、とりわけ鮮度の落ちた魚や時間の経った揚げ物は活性酸素を体内で発生させるもととなります。反対に活性酸素を退治してくれるのがビタミン類です。

 
 

とくに色鮮やかな緑黄色野菜にはベータカロチン、ビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化ビタミンがたっぷり含まれています。ビタミンEは細胞の老化を防ぐと同時に、髪の原料となるシスチンの酸化も防ぎます。活性酸素に対するビタミンEの攻撃を助けるのがビタミンCです。そのほかビタミンCには細胞を活性化させ、新陳代謝を促進するという働きがあり、これが薄毛対策には欠かせないビタミンなのです。ベータカロチンは体内でビタミンAに変わりますが、ビタミンAは抜け毛を予防するのに効果的なビタミンです。

 
 

というのも、ビタミンAには副腎皮質ホルモンの分泌を盛んにし、ストレスに対する抵抗力を強める働きがあるからです。抗酸化ビタミンと並んで、最近はトマトのリコピン、ニンジンやカボチャのカロチノイド、ホウレンソウのクロロフィルなど、緑黄色野菜の色素成分が持つ抗酸化作用も注目されるようになりました。その他の抜け毛対策に効果的な緑黄色野菜としては、赤ピーマン、モロヘイヤ、グリーンアスパラガスなどが挙げられます。

 
 

植物の場合、活性酸素のもとになる紫外線を避けることができません。そのため内部でスーパー・オキサイド・ディスムターゼという物質をつくりだして紫外線の活性酸素による細胞の破壊を防いでいます。これは人の体内にはない物質なので、野菜を豊富にとれば、スーパー・オキサイド・ディスムターゼも取り込むことになり、活性酸素の除去にも大きな効果があるわけです。毛髪を健康にするだけでなく、生活習慣病の予防にもなりますので、旬の野菜をたっぷりとるようにしましょう。

 
 

血行障害が抜け毛の原因となる

 
 

血液と毛髪には密接な関係があります。血液を通して体のすみずみまで行き渡った栄養が、最後には髪にも回ってくると捉えておきましょう。また、造血機能を高め血行を促進するものだけでなく、細胞を活性化するもの、ストレスに対する抵抗力を強めるもの、さらには栄養バランスの是正に役立つものが抜け毛の予防になる食べ物なのです。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ育毛剤を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る