日光は薄毛の大敵ってやっぱり本当?日光との上手な付き合い方

遺伝子検査付き 医薬部外品 育毛剤

天然由来成分の育毛剤

着色料・香料・防腐剤無添加

 

育毛剤【Persona(ペルソナ)】 詳細はこちら

 


 

 

 

日光は薄毛の大敵ってやっぱり本当?日光との上手な付き合い方

20view

2018.09.18

日光のメリットとデメリット

頭皮と毛髪のダメージメカニズム

太陽や紫外線と聞くと、育毛の敵だと思うかもしれません。実際のところ、良い影響があるとの話も耳にしますが、実際どうなのでしょうか。

大量の日光を浴びると、頭皮と発毛サイクルのメカニズムから考えて、ダメージを与えることから、薄毛の原因になる可能性が高いといえます。薄毛・脱毛症の悩みのある方は、日光に注意することが、大事な育毛活動のひとつとなります。

日常の生活で、特に日光対策をしていない方でも、外での長時間の作業などで日光に当たる時間が長くなる日があれば、日光の対策をしっかりすることで頭皮をケアすることになり、同時に育毛に繋がります。

日光の紫外線を浴びた皮膚はバリア機能を壊されることで炎症を起こします。この炎症は軽い火傷の状態となります。これは頭皮も同じことで炎症を起こした頭皮は、毛根にダメージを与えてしまい育毛に悪い環境となってしまいます。

頭髪も紫外線によって髪を保護しているキューティクルが剥がされ、コシやハリの元になる成分が失われていきます。これが原因となり、髪のパサつきや枝毛が増えるなど髪が傷んでいきます。また髪に含まれるメラニン色素が破壊され、髪の退色も進んでしまいます。

血管の拡張

このように頭皮や髪の毛へのダメージはあるものの、適度な日光も必要です。例えば、日光を浴びることで、血管を拡張する働きがあります。紫外線は血中の一酸化窒素値に影響することでも知られており、紫外線を浴びることで血管が拡張して血圧が下がります。高血圧による脳卒中や心臓病の予防にも繋がると期待されています。

血液循環を良くすることは、育毛にも良い効果が期待できることでしょう。通勤や通学で自然に日光浴をする程度が良いです。曇りの日でも紫外線は意外と強いので、浴び過ぎに注意しましょう。特に頭頂部分の髪や頭皮は、日光が当たりやすい位置であることも考慮するようにしてください。

日光とは上手な付き合い方をしよう

髪専用のUVケアを使う

日光の紫外線対策には、頭皮と髪用のUVケア製品を使用することが有用です。日焼け止めの種類は、クリームタイプやスプレータイプなどがあり、多くのブランドから販売されています。これらを、髪の毛や頭皮の分け目に塗布することで、紫外線からのダメージを軽減することができます。

最近では飲むタイプの日焼け止めも販売されており、体の内側から日焼け止め効果を発揮するというものです。

紫外線のピークの時間帯を避ける

紫外線が強い時間帯は、午前10時頃〜14時頃の間です。この時間はランチの時間帯ですので、会社勤めや学生の方などは、UV加工してある帽子や日傘を利用することがおすすめです。帽子を選ぶ時は、通気性が良いものを選ぶと良いでしょう。蒸れることをできるだけ抑えることで、頭皮の皮脂汚れによる頭皮環境の悪化を防ぐことができます。

髪の毛の分け目を変える

頭皮が目立つような分け目のあるスタイリングでは、日焼け止め対策をしていないと、分け目部分だけが日焼けしてしまいます。これを防ぐには、日によって分け目を変えたり、分け目がないヘアスタイルにするなどで対処することが可能です。

育毛剤を使う

日頃から育毛剤を使用して、頭皮や毛髪を健康な状態にしていくことを目指すことで、日光の浴び過ぎを心配する機会が少なくなるでしょう。育毛剤には、直接毛根を刺激して毛根部の血流を促進する成分など、頭皮や毛髪のことを考えた栄養素が必要な部分に運ばれるように計算されて作られています。

日光を浴びすぎることは厳禁ですが、日光を全く浴びないこともまた問題になることが分かります。毎日の生活の中で、日光をある程度意識するだけで、薄毛予防をすることができます。日光は健康にとって重要なものですので、育毛と健康のバランスを考えつつ、上手に付き合っていけるように心掛けていきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ育毛剤を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る