男性ホルモンと薄毛の関係について知ろう

男性ホルモンと薄毛の関係について知ろう

62view

2018.10.17

 
 
 
 

 
 
 
 

年齢とともに薄毛になり、悩んでいるという方も多くいるでしょう。薄毛と男性ホルモンには関係があると言われていますが、ここでは具体的に、どのような関係があるのか紹介していきます。男性ホルモンと薄毛の関係を知って、薄毛対策をおこなってみて下さい。薄毛を防いで、若々しい見た目を保つように心がけていきましょう。

 
 

男性ホルモンとは

 
 

男性ホルモンとは、デヒドロエピアンドロストロンやアンドロステロン、アンドロステンジオンといったように、さまざまな種類があるステロイドホルモンのことを指しています。また、ステロイドホルモンはアンドロゲンとも呼ばれています。このような男性ホルモンの中でも、薄毛に関係すると言われているのが、テストステロンです。テストステロンと5αリダクターゼという物質が結びつくと、ジヒドロテストステロンが生成されます。
 
 
そして、このジヒドロテストステロンには、髪の毛が抜けるのを促進したり、髪の毛が抜けて新しい毛が生え変わるたびに毛が徐々に細くなってしまう作用もあり、育毛を阻害すると言われているのです。男性ホルモンそのものが悪いというわけではありませんが、酵素と結びつくことで変化し、薄毛の原因となっているということがいえます。

 
 

男性ホルモンと薄毛の関係

 
 

男性ホルモンは、筋肉を増やしたり、精子を形成するためには欠かすことの出来ない大切なホルモンとなっています。そのため、男性ホルモンそのものが良くないということや、男性ホルモンが多いから薄毛になりやすいということは一概にはいえないのです。しかし、すでに薄毛に悩んでいるという方もいるでしょう。
 
 
生え際が後退していたり、頭頂部の髪の毛が薄くなっている症状をAGA(男性型脱毛症)といい、1000万人以上の方が悩んでいる症状となっています。なお、AGAは進行していく病気なので、放っておくと症状が悪化してしまうのです。AGAになる人は、遺伝やホルモンの影響が大きいという調査結果があり、専門機関で治療を受けることも可能です。

 
 

男性型脱毛症について知ろう

 
 

AGAは、ゆっくりと進行していく病気であり、徐々に生え際の後退や頭頂部の薄毛をもたらしますが、薄毛になってしまっても産毛は残っていることが多いです。産毛が残っている場合は、今後の治療によっては太い毛が育つ可能性があるので、諦めないようにして下さい。AGAの具体的な対策方法としては、まず、5αリダクターゼという酵素の発生を抑えるということを挙げることができます。5αリダクターゼの発生を抑制するためには、薄毛治療内服薬を服用することで効果が期待できると言われています。
 
 

また、自分の後頭部の毛髪組織を薄毛部分に移植する、自毛での植毛や、人工のグラフトを移植する、人工毛の植毛をおこなうという方法もあります。自毛の場合は、一度植毛をおこなうことで半永久的に効果が持続する一方、人工毛の場合は1年間で半分ほどが抜けてしまうので定期的なメンテナンスが必要になるでしょう。
 
 

このほかにも、育毛剤や発毛剤を使うという方法もあります。この場合は、新しい髪の毛を増やしたいのか、今ある髪の毛を育てたいのかにより使うものが異なるので、自分の目的に合ったものをえらぶようにしましょう。なお、AGAの方たちには、ドラッグストアで売っているような育毛剤はあまり効果が期待できないかもしれないので、購入する前に専門機関に行くのも良いです。ちなみに、毛根が死んでしまっている場合は、再び毛が生えるということはありません。その場合には、植毛やカツラを着用するようになります。

 
 

薄毛対策には何があるのか

 
 

男性の薄毛は遺伝の影響も大きくありますが、すべて遺伝が関係しているというわけではありません。普段の生活習慣や食生活なども重要です。自分でできる薄毛を防ぐための対策としては、まず、正しい生活習慣を心がけることから始めてみましょう。栄養バランスが偏った食事や脂っぽい食事を摂りすぎることも薄毛に影響を与えてしまいます。このような乱れた食生活を続けることで、毛髪の成長サイクルに悪影響を与え、抜け毛を進行させてしまう恐れがあります。

 
 

また、ストレスを溜め込み過ぎることも、薄毛を促進させてしまうでしょう。ストレスを感じることで血行不良になり、髪の毛まで十分な栄養が行きわたらないという心配もあります。できるだけストレスをためない生活を心がけて下さい。このほかにも、タバコを吸うことで頭皮に栄養が行かなくなり、抜け毛をもたらすとも言われているので気を付けましょう。吸い過ぎないことが大切です。これらのほかに、睡眠不足などにも気を付けるなど、規則正しい生活を心がけましょう。

 
 

 
 

 
 

男性ホルモンと薄毛の関係を知って薄毛を防ごう

 
 

ここでは、男性ホルモンと薄毛の関係について紹介してきましたが、男性ホルモンそのものが薄毛に関係するというよりも、男性ホルモンが特定の物質と結びつくことで薄毛を促進してしまうということがいえるでしょう。生活習慣や食生活を見直すことで薄毛を防ぐこともできるので、薄毛になることを心配している方や、進行を遅らせたい方は意識してみて下さい。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ育毛剤を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る