20代の抜け毛は予防が大切!原因を見極めて、根本から改善しよう

20代の抜け毛は予防が大切!原因を見極めて、根本から改善しよう

137view

2018.12.08

 
 
 
 

 
 
 
 

20代で抜け毛に深刻に悩んでいる人はまだあまり多くないかもしれませんが、実はすでに今のままでは知らず知らずのうちに、抜け毛予備軍になってしまっているという人は少なくないはず。遺伝的に将来の抜け毛を恐れていても、何をすれば予防できるのか分からないという人も多いでしょう。今回は抜け毛の原因となる生活スタイルや、その予防について詳しく見ていきます。

 
 

20代は油断が大敵!生活スタイルを見直そう

 
 

20代のうちは季節の変わり目やカラー剤の影響などで多少の抜け毛があっても、そこまで深刻な状況になることは少なく、あまり抜け毛の原因を突き止めない人が多いのではないでしょうか。若いうちは良いかもしれませんが、実はその油断が後々に頭皮環境を悪化させる大きな原因となる危険性も。抜け毛の予防のためには、20代の今の生活スタイルこそ見直す必要があります。寝不足、ストレス、乱れた食生活など若さを武器に無理した生活を送っていると、着実に頭皮環境は悪化します。まずはご自身の生活スタイルに無理はないか、身体に負担をかけていないかを今一度見直してみるようにしましょう。

 
 

身体の不調サインを見過ごさないで

 
 

寝不足、ストレス、食生活の乱れなどが続く生活を送っていると、身体は不調の状態に慣れてしまいます。なんとなく10代の頃に比べて疲れやすい、疲れが取れにくいなどと感じることはありませんか?10代の頃はいくら疲れても寝れば治ったという身体の不調も、いくら寝てもスッキリしなかったり、風邪をひきやすくなったり、油っこいものが食べられずお酒が翌日まで残ったりといった症状がある場合は、特に要注意。疲れた身体に見て見ぬふりして無理な生活を続けてきたために、身体が不調に慣れてしまい、正常に機能できていない恐れがあります。髪の毛は、健康な身体と健康な頭皮環境でこそ、正常に育ち質の良い状態を保つことができます。少しずつ身体から不調サインが出ている場合は、将来薄毛の危険がありだということを自覚し、全身の不調をしっかりと見直すようにしましょう。

 
 

治りにくい不調はホルモンや自律神経の乱れが原因かも?

 
 

生活スタイルを見直しても不調が続く場合、ホルモンバランスや自律神経が乱れている可能性も。血流バランスなども崩れ、全身の不調の原因となります。特に冷えや頭痛、首こり、肩こり、腰痛などがある場合は、血流が滞り乱れていることが多いでしょう。マッサージや整体などで、全身の血流を良くしホルモンや自律神経の調整を促すことも大切です。健康な人でも1日に100本程度は髪の毛が抜けると言われていますが、育毛サイクルの中で抜ける髪の量と生える髪の量がバランスを失ってしまうと薄毛・抜け毛の原因となります。ホルモンバランスや自律神経の乱れ、血流の停滞はこの育毛サイクルを妨げ、育毛バランスを失う大敵と言えます。これらの体調を整え、全身を正常なバランスに保つことで、頭皮環境は整い育毛のリズムも正常さを取り戻すことができます。

 
 

進行が気になる場合は、育毛剤の力を借りよう

 
 

健康な人でも髪の毛は抜け落ちるものだと言われても、排水溝にたまった抜け毛の量を見て不安になったという人は多いでしょう。抜け毛の進行度を見分ける目安として、抜けた髪の毛の質に注目するといいかもしれません。通常の育毛サイクルでの抜け毛の場合、抜けた髪の毛は太くしっかりとした髪質のはず。もし産毛のような細く柔らかい髪の毛が抜けている場合は、本来の育毛サイクルで寿命を迎える前の髪の毛まで抜け落ちてしまっている可能性があります。

 
 

そのような場合は、早急に頭皮環境を整え、髪の毛への栄養を行き届かせる必要があります。そこで力を借りたいのが育毛剤。育毛剤には毛根の毛母細胞の分裂を活性化させたり、毛母細胞の分裂を促すための栄養となる血行を促進させたりする作用があります。さらにこの育毛剤をマッサージするようにして頭皮になじませることで、頭皮の血流を良くし、育毛サイクルを正常に戻します。育毛という時間を必要とする効果のため、使った翌日に劇的な変化を感じることは難しいかもしれませんが、使い続けることで髪が太くなったりハリやコシが出てきたり分け目が気にならなくなったりという様々な実感を得られるはずです。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

正しいシャンプーで効果的な育毛を

 
 

せっかく高価な育毛剤を使用していても、その前のシャンプーが正しくできていなければ薄毛の改善は見込めない可能性があります。育毛剤を利用するなら、まずシャンプーの正しい方法について理解しておくようにしましょう。使用するシャンプーも自分の髪の毛や頭皮の状態に合わせたものを選ぶのがベスト。頭皮や毛髪が乾燥している場合は保湿力のあるものを、頭皮に皮脂や汚れが詰まっていたり普段から整髪剤をよく利用しているような場合は洗浄力の高いものを選ぶなど、しっかりとシャンプーの品質で選ぶことが大切です。

 
 

また、シャンプー前の予洗いやシャンプー後のすすぎは特に念入りに行うようにしましょう。このとき頭皮の汚れやシャンプー剤の洗い残しがあっては、頭皮の毛穴をふさいでしまい頭皮環境の悪化につながります。しかしキチンと洗いたいからと爪を立ててゴシゴシ洗うのはNG。頭皮に傷をつけないように、指の腹で優しく洗うようにしましょう。正しいシャンプーで綺麗になった頭皮に使ってこそ、育毛剤の効果も生まれますので、シャンプーは時間をかけて丁寧に行うようにしてください。

 
 

抜け毛の原因は若いうちから突き止め、予防・改善しよう

 
 

抜け毛の原因や原因となりそうなリスクは若いうちから見直しておくことが大切です。生活スタイルは特に、長年続けてしまうと年を重ねてから修正するのはなかなか難しいという人も多いはず。20代という若いうちから、身体に優しく正しい生活スタイルに慣れることで、将来的に元気で健康な身体・頭皮を保つことができます。いつまでも若々しくいるために、ぜひ一度ご自身の生活を見直してみてください。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ育毛剤を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る