10代でハゲてしまう原因とは!?薄毛の改善方法を徹底的に紹介

10代でハゲてしまう原因とは!?薄毛の改善方法を徹底的に紹介

249view

2018.11.01

 
 
 
 

 
 
 
 

薄毛は加齢が原因の一つということもあり、ある程度年を重ねると、ハゲになってもしょうがないという気持ちになるものです。しかし、若い10代の内から薄毛になってしまうと、「恋愛する時に自信をもてない」「薄毛でみんなからいじられる」など、日常生活が楽しめなくなってしまいます。若ければ若いほど「AGA」や生活習慣の乱れなどを正し、薄毛やハゲを改善できるので、できるだけ早めに対策する必要があるでしょう。

 
 

10代でハゲや薄毛になってしまう原因とは

 
 

若いうちからハゲてしまう悲しい原因、まず一番最初に考えられるのが遺伝です。薄毛の原因に、「男性ホルモン」の影響というものがあります。AGA(男性型脱毛症)は、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンが、毛乳頭の受容体と結合し、髪の毛の成長を抑制してしまいます。このAGAが遺伝する確率が25%、つまり、4人に1人が遺伝でハゲになってしまうのです。「薄毛遺伝子」は、父親から遺伝するというイメージを持っている人もいますが、髪の毛の遺伝子は、実は母親から受け継ぐことになっています。

 
 

しかし、女性はAGAを発症しないとされており、薄毛かどうかわかりにくいです。そこで、最も参考になるのが「母方の祖父」。もし、母方の祖父が薄毛だった場合、その薄毛遺伝子を4分の1の確立で受け継いでいる可能性があります。現在は、薄毛遺伝子をもっているかどうかはAGA治療専門のクリニックや検査キットで調べることが可能です。それにより、薄毛対策や改善の仕方も変わってくるので、「母方の祖父」がハゲている人は、早めに病院で検査しましょう。

 
 

10代で薄毛になってしまうのは若気の至りが原因かも

 
 

10代で薄毛になってしまう原因2つ目は、頭皮のダメージです。若いころというのは、髪のオシャレでもある「カラーリング」や「パーマ」など、自由なヘアスタイルに挑戦したい年頃です。しかし、カラーリングやパーマは髪の毛へのダメージが大きいことで知られています。髪を保護してくれ、柔軟性を与えてくれる「キューティクル」は、カラーリング液やパーマ液を使用することで徐々に剥がれていき、最終的には髪の毛を保護する力を失ってしまうのです。

 
 

カラーリングに使用される液には「科学薬品」が含まれており、髪の毛が細くやせ細って、抜け毛の原因にもなります。パーマは薬液を使うだけでなく、専用のマシンやロッドで髪の毛の形を変えるので、ダメージがどんどん蓄積されてしまうでしょう。もともと髪の毛が丈夫な人は、これらをしても抜け毛はさほど気になりませんが、もともと髪の毛が薄い、健康じゃない人は、将来ハゲてしまう致命傷になりかねません。また、抜け毛というのは9月や10月に一番多いとされています。原因は、「紫外線」の浴びすぎです。夏は紫外線の量も強さも大きく、ダメージを受けやすい季節なのです。海水浴やキャンプなど、外で遊ぶ機会が多い若者は、髪の毛にダメージが蓄積されて、薄毛になってしまう可能性が高いでしょう。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

10代のハゲや薄毛の改善方法

 
 

まずは生活習慣を見直す必要があります。栄養の偏った食事や睡眠不足、ストレスは、血液の循環が悪くなり、薄毛やハゲの原因になるでしょう。睡眠は、日中に受けた髪の毛のダメージを修復する効果だけでなく、髪の毛を育てる成長ホルモンが分泌されています。特に、22時から深夜2時の間は成長細胞のゴールデンタイムなので、髪の毛の成長に必要な栄養をとり、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。食事は、髪の毛のもととなるたんぱく質をきちんと摂らなければなりません。

 
 

たんぱく質は大豆製品や牛肉、乳製品などに多く含まれています。魚や野菜は、血液をサラサラにして血管を健康にし、髪の毛に栄養が届きやすくなるので、意識して摂取してみましょう。また、ケラチンの形成に必要な栄養素が、亜鉛です。これも髪の毛を成長させるために必要なので、ココアやウナギ、牡蠣や牛肉、納豆などを食べると効果的でしょう。そして、「シャンプー」も育毛には大切です。髪の毛を洗わないと、毛穴に皮脂やゴミ、ホコリがついているままなので、髪の毛が育たなくなってしまいます。

 
 

しかし、髪の毛を洗いすぎると、皮脂が不足し頭皮が乾燥していまうので、これもNGです。必要な脂まで洗わないようにしなければなりません。市販されている安めのシャンプーは、洗浄力が強くて、必要な皮脂を洗い流すこともあるので、髪や頭皮に優しい「アミノ酸シャンプー」を使いましょう。AGAをすでに発症してしまった人は、自己流のやり方ではなく、専門的なアプローチが必要になってくる場合がありますが、症状が軽い薄毛なら「育毛剤」がおススメです。

 
 

自力で薄毛を改善したいのが「10代」の若者たち。育毛剤は、髪を育てたり、血行を促進して抜け毛を防ぐ効果が期待できます。しかし、「発毛剤」は、副作用が起る可能性があり、未成年の使用は安全性を考慮して禁じられている場合があるので、気をつけましょう。

 
 

将来のために、10代から薄毛対策をしよう

 
 

10代が薄毛やハゲになってしまう原因は主に3つあります。遺伝などの「脱毛症」、生活習慣の乱れ、ストレスです。それぞれ対策や改善方法が違ってくるので、自分で原因を探ったり、専門のクリニックに相談してみると良いでしょう。若いうちは誰でも遊びたい、モテたい、オシャレしたいと思いますが、それは20代、30代になっても同じです。ハゲてしまってから薄毛と戦うのではなく、若いうちから薄毛改善、対策をしましょう。

 
 

 
 

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ育毛剤を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る