育毛剤と発毛剤の違いとは?どっちを使うべき?

よく混同されてしまう育毛剤と発毛剤ですが、両者は似ているようで違います。そのために、育毛剤と発毛剤はどう違うのか?一体自分はどっちを使って薄毛対策をすれば良いの?という方のために、それぞれの特徴をご紹介します。両者の特徴や違いを把握することで、適切に対策をすることができるでしょう。

①育毛剤は抜け毛予防や今ある髪の毛のボリュームを増やすために使うもの
②発毛剤は新たに髪の毛を生やすために使うもの
③髪の毛を新たに生やしたいならば発毛剤がおすすめ

育毛剤は今ある髪の毛を太くしてボリュームを増やすために使うもの

育毛剤は、今ある髪の毛を強く太くするために使うもので、髪の毛のボリュームを増やすために使われます。そのために、髪の毛が弱く細くなっている場合や、抜け毛の予防に使用されることが多いです。

育毛剤は発毛効果は期待できないため、今残っている髪の毛を育てることで、強くて太いコシのある髪の毛にすることを目的としているのです。

太くてコシのある髪の毛ならば、とてもボリューミーに見えるのです。もし、あなたの髪の毛が弱ってきて頭皮が見える状態の場合ならば、太くて強い髪の毛に戻せるように、育毛剤を使い、薄毛のケアをしていくのが良いでしょう。

また、育毛剤は抜け毛のケアをすることもできるので、1日の抜け毛が100本以上あるという方や、枕に髪の毛がいっぱい抜けるという場合には、育毛剤を有効活用してみるのも良いのではないでしょうか。

そうすることで、抜け毛を予防し、抜け毛を減らすことが期待できます。髪の毛を太くしたいという方や、抜け毛が気になる方でしたら、育毛剤でケアするのがおすすめです。

育毛剤は髪の毛を太くしたり、抜け毛の予防をしたりするために使われるんだね。

発毛剤は新たに髪の毛を生やすために使うもの

発毛剤は、新たに髪の毛を生やすために使うものです。そのために、育毛剤と発毛剤の違いとしては、育毛剤は今ある髪の毛を太くするために使い、発毛剤は髪の毛を一から生やすために使われるということです。

なので、あなたが新たに髪の毛を生やしたい場合、発毛剤が最適でしょう。

しかし、発毛剤で新たに髪の毛を生やしたいと思っても、毛根が死んでいて産毛がまったく残っていない状態ならば、発毛を促進することができません。

そのこともあって、今産毛がうっすらあるかどうかを確認し、産毛が残っているのであれば、発毛剤を使うことで、あなたも発毛促進が期待できます。

産毛が残っていれば、発毛剤を使って髪の毛を新しく生やせる可能性も充分にあるので、発毛剤を使って発毛を促進できるようにしてください。

ただ、残念ながら毛根が死滅している場合、産毛が残っておらず、髪の毛を新たに生やすことができないので、そこは注意する必要があります。ですが、毛根が完全に死滅していない男性ならば、まだ十分に発毛促進を行うことができるのです。

発毛剤は新たに髪の毛を生やすために使うんだね。

まとめ

育毛剤は抜け毛予防や今ある髪の毛のボリュームを増やすもの
発毛剤は新たに髪の毛を生やすもの
髪の毛を新たに生やすなら発毛剤、抜け毛を予防したいなら育毛剤

ここまで育毛剤と発毛剤の違いについて解説してきました。

育毛剤は今ある髪の毛を太く強くするためや抜け毛の予防に使用されるもので、発毛剤は新たに髪の毛を生やしたいときに使用されるものです。両者の特徴、違いをしっかりと把握し、あなたはどちらを使用すべきかを考えて使用するのがベストになります。